市町の概要

各市町の概要

印刷する

丹波篠山市(たんばささやまし)

人・自然・文化が織りなす食と農の都

丹波篠山市章
【由来】

篠山の篠の頭文字「S」を笹の形に図案化。

団体コード 282219
所在地 〒669-2397(個)
丹波篠山市北新町41番地(たんばささやましきたしんまち)
TEL (079)552-1111
FAX (079)552-5665(総務部総務課)
ホームページアドレス http://www.city.sasayama.hyogo.jp/
Eメールアドレス e-mail@city.sasayama.hyogo.jp
-

市町の概要

【主な産業・経済等】
・農業
・丹波黒大豆や栗、松茸等のブランド食材
・ぼたん鍋
・伝統や歴史資産を生かした観光
・丹波焼
【主な観光・文化・歴史】
・重要伝統的建造物群保存地区(篠山・福住)
・丹波篠山デカンショ祭
・日本遺産(デカンショ節&丹波焼)
・ユネスコ創造都市ネットワーク(クラフト&フォークアート部門)
区分 H22国調 H27国調 H30.1.1現在
住基台帳
(H29.10.1)
面積
377.59km2
(増減率)
人口
(△4.4%)
43,263人
(△4.1%)
41,490人
(△ 1.1%)
42,138人
(H27国調)
人口密度
109.9人/km2
(増減率)
世帯数
(2.6%)
15,342世帯
(1.5%)
15,578世帯
(0.2%)
17,171世帯
(H27国調)
年少人口割合
11.9%
(H27国調)
老年人口割合
32.6%
(H27国調)
産業別
就業
人口
第1次産業 2,454人(12.1%) (H30.1.1)
住基台帳のうち
外国人住民
627人
第2次産業 5,464人(26.8%)
第3次産業 12,446人(61.1%) (H27国調)
昼夜間人口比率
94.0%
総数 21,329人※その他分類含む

↑このページの先頭へ

-

市町長・副市町長・議員等

市長
丹波篠山市長
酒井 隆明
(さかい たかあき)
(S29.11.16 生)
H31.2.25 就任
R5.2.24 満了 (4) 期目
役職 氏名 就任年月日等
副市長 平野 斉 (ひらの ひとし)
(S31.9.17 生)
H23.4.1
   
議長 森本 富夫 (もりもと とみお)
(S31.11.15 生)
H30.5.1
副議長 園田 依子 (そのだ よりこ)
(S32.6.10 生)
H30.11.27
議員 任期(令和2年4月30日まで) (H30.9.1)
選挙人名簿登録者数
条例定数 18 16,839
現員(うち女性) 18人(4人) 18,487
政党別・会派別議員数
  • 公明党(2人)
  • 日本共産党(1人)
  • 日本維新の会(1人)
  • 無所属(14人)
35,326

↑このページの先頭へ

-

庁舎付近案内図

庁舎付近案内図

(庁舎まで)
・JR福知山線篠山口駅下車、篠山口駅から神姫グリーンバス篠山営業所で約13分、二階町バス停下車徒歩約3分

↑このページの先頭へ

-

沿革

S30. 1. 1 合体   南河内村 北河内村 草山村 (西北村設置)
  〃    名称変更 西紀村
S30. 4.10 合体  日置村 後川村 雲部村 (城東村設置)
S30. 4.15  〃   福住村 大芋村 村雲村 (多紀村設置)
  〃    〃   大山村 味間村 城南村 古市村 (丹南町設置)
S30. 4.20  〃   篠山町 八上村 畑村 城北村 岡野村 (篠山町設置)  
S35. 1. 1 町制施行 城東町 多紀町 西紀町
S35. 4. 1 〃    今田町
S50. 3.28 合体  篠山町 城東町 多紀町 (篠山町設置)
H11. 4. 1  〃   篠山町 西紀町 丹南町 今田町 (市制施行)
R元.5.1 名称変更 丹波篠山市

↑このページの先頭へ

-

職員数

区分 H30.4.1
現在
人口
千人当たり
全職員 458 10.9
うち普通会計部門職員 408 9.7
うち一般行政部門職員 255 6.1

基本構想等の策定状況

区分 策定(議決)
年月日
計画期間
(年度)
基本構想 H22.12.22 H23〜R2
基本計画 前期:H22.12.22
後期:H27.12.18
前期:H23〜H27
後期:H28〜R2

↑このページの先頭へ

-

決算

区分 平成27年度決算 平成28年度決算 平成29年度決算
歳入 (0.9%)
23,684,479千円
(△1.1%)
23,426,465千円
(△3.1%)
22,693,777千円
  一般財源等 (5.3%)
18,201,337千円
(△4.9%)
17,306,684千円
(△1.4%)
17,063,764千円
  うち地方税 (0.8%)
5,146,413千円
(1.0%)
5,200,344千円
(△2.0%)
5,098,564千円
うち地方交付税
※臨時財政対策債含む
(2.8%)
9,643,972千円
(△4.7%)
9,188,587千円
(△4.8%)
8,748,474千円
歳出 (1.0%)
23,063,240千円
(△1.3%)
22,772,086千円
(△3.3%)
22,030,275千円
  義務的経費 (△0.8%)
10,124,931千円
(△4.2%)
9,695,556千円
(△4.1%)
9,293,520千円
  うち人件費 (△0.1%)
3,409,126千円
(0.1%)
3,412,245千円
(2.7%)
3,505,782千円
うち公債費
(うち繰上償還額)
(△5.1%)
3,950,153千円
(376千円)
(△11.9%)
3,478,402千円
(0千円)
(△15.7%)
2,931,178千円
(3102千円)
うち扶助費 (5.0%)
2,765,652千円
(1.4%)
2,804,909千円
(1.8%)
2,856,560千円
投資的経費 (△36.1%)
1,688,840千円
(26.7%)
2,139,600千円
(△25.9%)
1,586,048千円
実質収支 514,745千円 534,308千円 487,792千円
地方債現在高
(臨時財政対策債)
(△9.3%)
22,474,607千円
(9,983,233千円)
(△8.0%)
20,669,203千円
(10,151,186千円)
(△7.7%)
19,071,320千円
(10,191,218千円)
基金現在高
(財政調整基金)
7,474,360千円
(2,934,209千円)
6,429,414千円
(2,344,699千円)
5,777,182千円
(1,846,733千円)




標準財政規模(臨財債発行可能額含む) 14,349,271千円 14,197,576千円 13,787,491千円
経常収支比率 96.7% 97.6% 99.2%
実質赤字比率
連結実質赤字比率
実質公債費比率 (25〜27)19.8% (26〜28)19.2% (27〜29)19.1%
将来負担比率 191.7% 191.0% 187.2%
地方税徴収率 94.3% 94.4% 94.5%
財 政 力 指 数 (25〜27)0.404 (26〜28)0.404 (27〜29)0.405
ラスパイレス指数 99.2 99.4 98.9

↑このページの先頭へ

-

公共施設等の状況調査

(H30.3末現在) ※H30.5.1現在 ☆H30.4.1現在 2段の( )は市町立の数
幼稚園
(12)箇所
――――
12箇所
図書館 1箇所
小学校
(14)
――――
14校
都市公園等
都市計画区域内人口一人当たり
(H28.3.31現在)
18箇所
23.5m2
中学校
(5)
――――
5校
地域包括支援センター
2箇所
高等学校
(0)
――――
3校
特別養護老人ホーム
定員数
5箇所
276
特別支援学校
(1)
――――
1校
養護老人ホーム
定員数
1箇所
50
保育所
(4)箇所
――――
5箇所
ケアハウス
定員数
1箇所
50

介護老人保健施設
定員数

2箇所
200
認定こども園
(1)箇所
――――
3箇所
通所介護事業所 10箇所
病院 (0)箇所
――――
4箇所
道路改良率
(H29.4.1現在)
66.6%
診療所 (4)箇所
――――
48箇所
道路舗装率
(H29.4.1現在)
86.3%
公民館 1箇所 上水道等普及率
(H29.3.31現在)
100.00%
体育館 6箇所
生活排水処理率 99.4%

↑このページの先頭へ

-

わがまちの顔

主な郷土出身者

  •    河合 雅雄(霊長類学者)
  •     桂  文珍(落語家)
  • (故)河合 隼雄(文化庁長官)
  • (故)下中 弥三郎(平凡社創業者)

↑このページの先頭へ

祭・行事

  • 篠山ABCマラソン大会(3月)
  • にしきシャクナゲまつり(4月)
  • 大国寺と丹波茶まつり(6月)
  • 丹波篠山デカンショ祭(8月15・16日)
  • 秋の味覚まつりと丹波陶磁器まつり(10月)

名産・特産品

  • 丹波焼・王地山焼
  • 丹波篠山黒豆・黒枝豆
  • 丹波篠山山の芋
  • 丹波栗
  • 丹波茶
  • ボタン鍋

↑このページの先頭へ

市町花・木・鳥・マスコット

  • 市町花:ささゆり
  • 市町木:さくら
  • 市町のマスコット
    • まるいの(左) まめりん(右)

↑このページの先頭へ

Copyright © Hyogo Municipal Development Corporation. All rights reserved.