市町の概要

各市町の概要

印刷する

南あわじ市(みなみあわじし)

だから住みたい南あわじ〜人がつながる 笑顔あふれる ふるさとづくり〜

南あわじ市章
【由来】

淡路島の形と南あわじ市の「A」を囲む輪は、ふれあいと共生をイメージし、自然の恵みを緑で、希望・躍進を青で表現しています。

団体コード 282243
所在地 〒656-0492(個)
南あわじ市市善光寺22番地1(みなみあわじしいちぜんこうじ)
TEL (0799)43-5001
FAX (0799)43-5101(総務企画部総務課)
ホームページアドレス http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/
Eメールアドレス minamiawaji@city.minamiawaji.hyogo.jp
-

市町の概要

【主な産業・経済等】
・温暖な気候と恵まれた地理的条件を活かした農業
・臨海地域での漁船漁業や海面養殖漁業
・日本三大瓦の一つである淡路瓦を中心に酒造業、農産加工業
【主な観光・文化・歴史】
・鳴門のうず潮や灘黒岩水仙郷、名勝「慶野松原」などの景勝地、温泉宿泊施設、海水浴場など
・500年の歴史を誇る淡路人形浄瑠璃、くにうみ神話やおのころ島神社、だんじり唄、地域の郷土芸能など
区分 H22国調 H27国調 H31.1.1現在
住基台帳
(H30.10.1)
面積
229.01km2
(増減率)
人口
(△4.7%)
49,834人
(△5.9%)
46,912人
(△ 1.2%)
47,552人
(H27国調)
人口密度
204.8人/km2
(増減率)
世帯数
(△0.4%)
16,981世帯
(△0.1%)
16,968世帯
(0.5%)
19,391世帯
(H27国調)
年少人口割合
12.3%
(H27国調)
老年人口割合
33.5%
(H27国調)
産業別
就業
人口
第1次産業 6,016人(24.2%) (H31.1.1)
住基台帳のうち
外国人住民
394人
第2次産業 5,673人(22.8%)
第3次産業 13,214人(53.1%) (H27国調)
昼夜間人口比率
96.8%
総数 25,389人※その他分類含む

↑このページの先頭へ

-

市町長・副市町長・議員等

市長
南あわじ市長
守本 憲弘
(もりもと かずひろ)
(S36.1.21 生)
H29.2.13 就任
R3.2.12 満了 (1) 期目
役職 氏名 就任年月日等
副市長 馬部 総一郎 (ばべ そういちろう)
(S31.11.4 生)
H29.3.3
   
議長 熊田 司 (くまだ つかさ)
(S32.4.18 生)
R元.11.21
副議長 小島 一 (こじま はじめ)
(S28.1.5 生)
R元.11.21
議員 任期(令和3年11月10日まで) (R元.9.1)
選挙人名簿登録者数
条例定数 18 19,196
現員(うち女性) 18人(2人) 20,811
政党別・会派別議員数
  • 日本共産党 2人(1人)
  • 公明党 1人(0人)
  • 無所属 15人(1人)
40,007

↑このページの先頭へ

-

庁舎付近案内図

庁舎付近案内図

(庁舎まで)
・淡路交通「南あわじ市役所前」バス停留所で降りてすぐ。
・西淡三原ICから車で10分 ・洲本ICから車で15分。

↑このページの先頭へ

-

沿革

S30. 4. 3 合体 榎列村 八木村 市村 神代村 (三原町設置)
S30. 4. 7  〃   賀集村 北阿万村 阿万町 灘村 (南淡町設置)
S30. 4.29 〃   南淡町 福良町 沼島村
S32. 6. 1 編入 倭文村の一部 (三原町)
S32. 7. 1  〃   倭文村の一部 (三原町)
       〃   湊町 松帆村 津井村 伊加利村 阿那賀村 志知村 (西淡町設置)
S32. 7.10 〃   広田村 倭文村 (緑村設置)
S32.10. 1 〃   志知村の一部 (三原町)
S35. 4. 1 町制施行 (緑町)
H17. 1.11  合体 緑町 西淡町 三原町 南淡町 (市制施行)

↑このページの先頭へ

-

職員数

区分 H31.4.1
現在
人口
千人当たり
全職員 469 9.9
うち普通会計部門職員 431 9.1
うち一般行政部門職員 353 7.4

基本構想等の策定状況

区分 策定(議決)
年月日
計画期間
(年度)
基本構想 H29.6.21 H29〜R8
基本計画 H29.6.21 H29〜R3

↑このページの先頭へ

-

決算

区分 平成28年度決算 平成29年度決算 平成30年度決算
歳入 (△4.5%)
28,395,845千円
(△3.1%)
27,505,166千円
(△3.4%)
26,568,151千円
  一般財源等 (△2.7%)
19,108,128千円
(△2.5%)
18,628,633千円
(△0.2%)
18,583,601千円
  うち地方税 (1.3%)
5,766,181千円
(0.6%)
5,799,644千円
(△0.6%)
5,764,033千円
うち地方交付税
※臨時財政対策債含む
(△6.9%)
10,633,893千円
(△1.4%)
10,482,083千円
(△5.4%)
9,918,363千円
歳出 (△2.1%)
27,994,939千円
(△3.4%)
27,035,036千円
(△4.5%)
25,807,746千円
  義務的経費 (△0.0%)
11,426,230千円
(1.0%)
11,537,825千円
(△0.4%)
11,492,393千円
  うち人件費 (△2.5%)
3,551,272千円
(3.6%)
3,677,469千円
(△0.5%)
3,660,434千円
うち公債費
(うち繰上償還額)
(△5.8%)
4,306,560千円
(511,580千円)
(△0.8%)
4,273,752千円
(502,030千円)
(△0.4%)
4,258,213千円
(728,748千円)
うち扶助費 (11.0%)
3,568,398千円
(0.5%)
3,586,604千円
(△0.4%)
3,573,746千円
投資的経費 (△10.0%)
3,998,547千円
(△4.5%)
3,819,985千円
(△30.8%)
2,644,552千円
実質収支 275,847千円 359,073千円 706,574千円
地方債現在高
(臨時財政対策債)
(△2.3%)
35,821,241千円
(11,109,207千円)
(△2.1%)
35,059,059千円
(11,122,417千円)
(△4.6%)
33,462,225千円
(11,098,637千円)
基金現在高
(財政調整基金)
11,373,092千円
(2,757,491千円)
11,487,819千円
(2,779,013千円)
11,080,869千円
(2,794,350千円)




標準財政規模(臨財債発行可能額含む) 16,792,119千円 16,348,272千円 15,852,600千円
経常収支比率 90.3% 91.4% 94.2%
実質赤字比率
連結実質赤字比率
実質公債費比率 (26〜28)14.4% (27〜29)14.3% (28〜30)14.1%
将来負担比率 141.2% 135.6% 122.4%
地方税徴収率 90.1% 90.6% 91.3%
財 政 力 指 数 (26〜28)0.406 (27〜29)0.400 (28〜30)0.404
ラスパイレス指数 97.4 98.0 98.0

↑このページの先頭へ

-

公共施設等の状況調査

(H31.3末現在) ※R元.5.1現在 ☆H31.4.1現在  上段は市立の数
幼稚園
3箇所
――――
4箇所
図書館 1箇所
小学校
16
――――
16校
都市公園等
都市計画区域内人口一人当たり
(H30.3.31現在)
8箇所
4.5m2
中学校
6
――――
6校
地域包括支援センター
1箇所
高等学校
0
――――
1校
特別養護老人ホーム
定員数
10箇所
400
特別支援学校
0
――――
0校
養護老人ホーム
定員数
1箇所
100
保育所
10箇所
――――
10箇所
ケアハウス
定員数
1箇所
70

介護老人保健施設
定員数

3箇所
255
認定こども園
1箇所
――――
4箇所
通所介護事業所 12箇所
病院 0箇所
――――
5箇所
道路改良率
(H30.4.1現在)
52.0%
診療所 5箇所
――――
42箇所
道路舗装率
(H30.4.1現在)
89.3%
公民館 22箇所 上水道等普及率
(H30.3.31現在)
99.81%
体育館 7箇所
生活排水処理率 86.2%

↑このページの先頭へ

-

主な郷土出身者

  • (故)永田 秀次郎(政治家・俳人) 
  • (故)鶴澤 友路(義太夫節三味線・人間国宝)
  •    竹本駒之助(義太夫節浄瑠璃・人間国宝) 
  •    上沼 恵美子(タレント)
  •    正木 健人(柔道家・パラ五輪金メダリスト)
  •    清川 あさみ(アーティスト) 
  •    照強関(関取)

↑このページの先頭へ

祭・行事

  • うずしおまつり(3〜5月)
  • 各地神社春祭り(布団壇尻・だんじり唄・伝統芸能奉納)(3〜5月)

↑このページの先頭へ

市町花・木・鳥・マスコット

  • 市町花:日本水仙
  • 市町木:黒松
  • 市町のマスコット
    • 子育て応援シンボルキャラクター「ゆめるん」

↑このページの先頭へ

Copyright © Hyogo Municipal Development Corporation. All rights reserved.