参考資料

兵庫県全体に関する様々な資料

印刷する

1. 兵庫県の概要 県政理念

兵庫県庁

所在地 〒650ー8567(個)
神戸市中央区下山手通5ー10ー1
電話番号 (078)341ー7711(大代表)
(078)362ー3093(市町振興課)

↑このページの先頭へ

兵庫県章

県章の由来
兵庫県の「兵」の文字を図案化

↑このページの先頭へ

平成30年度 県政の基本方針 「未来への扉を開く」

1 県政150周年

  • 大転換期
     明治維新の激動のさなかに兵庫県が発足して150年。私たちの社会は大転換期を迎えている。情報通信技術の革新により、国境を超えて人、物、資本、情報が激しく移動。世界経済の勢力図も書き換えられつつある。大きく変化する世界の中にあって、人口が減り、少子高齢化が進む中でも活力を保ち、誰もが豊かさを実感できる地域をつくっていかなければならない。

  • 主役は県民
     150年前は、幕末の若き志士たちが新しい国をつくる力となった。今、時代を変える志士となるのは、若者をはじめ、今を生きる私たち。既存の枠組みを超える新たな発想でこの大転換期を乗り越えていく。

  • 未来への扉を開く
     未来を知ることはできなくても、未来をつくることはできる。必要なのは夢と行動。世界は急速に変わりつつある。既成概念にとらわれず、変化をおそれることなく、新しい一歩を踏み出さなければならない。参画と協働の基本姿勢に立ち返り、安全安心の確かな基盤の上に、県民が望む生き方、働き方ができる地域をつくっていく。

↑このページの先頭へ

2 平成30年度の重点施策

  1. 新時代の兵庫づくり
     重点施策の第一の柱は、新時代の兵庫づくり。県政150年を契機にめざす姿を県民と共有し、県政運営の基盤を整えて、新たな取組に着手する。地域の未来を拓く地域創生を着実に推進する。
  2. 安心できる社会づくり
     第二の柱は、安心できる社会づくり。安心して子育てできる社会、誰もが生きがいを持って長寿を全うできる社会をめざす。
  3. 次代を担う人づくり
     第三は、次代を担う人づくり。人工知能と共に生きる時代がやってきた。これまで以上に人間ならではの創造力や感性を伸ばす取組が大切となる。
  4. 元気な地域づくり
     第四は、元気な地域づくり。人が集まる地域をつくるため、産業の活性化、交流の拡大に取り組む。人生100年時代の到来を見据え、全ての県民が活躍できる環境を整える。
  5. 自立の基盤づくり
     第五は、自立の基盤づくり。社会基盤整備を着実に推進し、時代の変化に対応した規制改革など、地域の自立に向けた取組も進める。

↑このページの先頭へ

参考資料の目次のページにもどる

Copyright © Hyogo Municipal Development Corporation. All rights reserved.