ごあいさつ

4月には平成が終わり、5月から新元号の新たな時代が幕を開けようとしています。
 兵庫県・関西においては、本年9月のラグビーワールドカップに続き、ワールドマスターズゲームズ2021関西、さらには2025年に大阪・関西万博が開催されるなど、今後益々、世界中からの関心が集まることが予想され、世界の成長を呼び込みながら、より活力ある地域になることが求められています。
 一方で、本格的な人口減少や少子高齢化の進行など、社会を取り巻く環境は大きく変化しており、時代の転換期の中で、将来への不透明感が拡大しつつある状況にあります。
 そのため、兵庫県では、今後の将来を確かなものとし、進むべき道を県民と広く共有する「兵庫2030年の展望」を策定し、五国の多様性を活かしながら、物だけでなく心も豊かな生活を目指す「すこやか兵庫」の実現に向けて、地域と一緒になって取り組んでいくところです。
 こうした社会の実現のためには、県・市町が健全で自立した行財政運営を行い、それぞれの役割を果たしつつ、力を合わせて地域ごとの課題に取り組んでいかなければなりません。
 その一助としていただくため、県内41市町の各種行財政情報を「市町要覧」としてとりまとめました。これらの情報を今後の市町行財政運営の参考資料として、広くご活用いただければ幸いです。
 最後に、編集にあたりご協力いただきました各市町及び関係各位に対し、厚くお礼申し上げます。

平成31年3月

兵庫県市町振興課長  岡 明彦

↑このページの先頭へ

Copyright © Hyogo Municipal Development Corporation. All rights reserved.