ごあいさつ

 今年、明治維新から150年を迎えます。そして兵庫県も、1868年7月12日の発足から150年の年を迎えます。これまでの150年は人口が増える成長の時代でした。しかし今後、人口は少なくとも50年以上、100年近くは減少が続き、あわせて高齢化も進む時代を迎えています。
 このような中、活力のある地域であり続けるため、新たな価値観や県民が求める多様な生き方、働き方に対応できる、成熟社会に対応した地域を創っていく必要があります。
 「五国」からなる兵庫県は、各地域で、気候や風土、文化等が異なります。その多様性を生かした、活力ある地域づくりの取組が大切です。そのため、兵庫県では「多様性と連携」を基本に、各地域の個性に応じた重点的な施策展開に取り組んでいるところです。
 また、県・市町が取組を進めていくためには、自立した行財政運営を行い、「地域のことは地域で決める」地方分権を更に進展させる必要があります。そして県と市町がそれぞれの役割を果たしながら、協力して課題に取り組んでいく必要があります。
 その一助となるべく、県内41市町の各種行財政情報をとりまとめ、「市町要覧」としてホームページ及び冊子にて情報提供しています。これらの情報を今後の市町行財政運営の参考資料として、広くご活用いただければ幸いです。
 最後に、編集にあたりご協力いただきました各市町及び関係各位に対し、厚くお礼申し上げます。

平成30年3月

兵庫県市町振興課長  岡 明彦

↑このページの先頭へ

Copyright © Hyogo Municipal Development Corporation. All rights reserved.