市町の概要

各市町の概要

印刷する

高砂市(たかさごし)

暮らしイキイキ 未来ワクワク 笑顔と思いやり育むまち 高砂

高砂市章
【由来】

高砂の「高」を最大限簡略化したもので、円形は平和を表し、中央に突出しているのは高砂市の推進力を表現している。

団体コード 282162
所在地 〒676-8501(個)
高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号(たかさごしあらいちょうちどり)
TEL (079)442-2101
FAX (079)442-2229(総務部総務室総務課)
ホームページアドレス https://www.city.takasago.lg.jp/
Eメールアドレス tact1510@city.takasago.lg.jp
-

市町の概要

【主な産業・経済等】
・製造業(鉄鋼業、機械製造業、化学工業、食料品製造業)
・石材業(竜山石)
【主な観光・文化・歴史】
・生石神社の石の宝殿(日本三奇の一つ)
・高砂神社の相生の松
・高御位山
・工楽松右衛門旧宅
区分 H27国調 R2国調 R3.1.1現在
住基台帳
(R3.1.1)
面積
34.38km2
(増減率)
人口
(△3.1%)
91,030人
(△ 3.6%)
87,722人
(△ 0.8%)
89,762人
(R2国調)
人口密度
2,551.5人/km2
(増減率)
世帯数
(1.7%)
36,340世帯
(1.0%)
36,712世帯
(0.7%)
39,820世帯
(R2国調)
年少人口割合
12.8%
(R2国調)
老年人口割合
29.4%
(H27国調)
産業別
就業
人口
第1次産業 242人(0.6%) (R3.1.1)
住基台帳のうち
外国人住民
1,193人
第2次産業 14,857人(37.0%)
第3次産業 25,017人(62.4%) (H27国調)
昼夜間人口比率
100.5%
総数 40,860人※その他分類含む

転入者数 A 転出者数 B 転入超過数 A-B
(R3.1.1 〜 R3.12.31)
2,281人 2,585人 △ 304人

人口等の推移

人口減少の抑制に向けた独自対策
1.子育て支援策
・3〜5歳児の給食費(副食費)の無償化
・月8,000円の高等学校奨学金の支給(所得制限あり)

2.高齢者支援策
・緊急通報システムの貸与(65歳以上の一人暮らし高齢者・要介護3以上の方がいる高齢者のみの世帯)
・高齢者祝福事業(88歳・100歳・最高齢男女・最高齢夫婦への祝い状と記念品の贈呈)
・高齢者福祉タクシー料金助成事業

3.医療制度
・乳幼児等こども医療費助成 通院・入院とも中学3年まで無料(所得制限なし) 
・高校生世代の入院のみ助成あり(所得制限あり) 
・新生児聴覚検査費助成
・法定外予防接種助成(風疹、おたふくかぜ、骨髄移植後の再接種)

未就学児待機児童数(R3.4.1 現在) 要介護認定率(R3.4末 現在)
0人 20.8%

ふるさと納税の主な返礼品
マイナンバーカード取得率(申請含む)
R3.9.30現在
(県内41団体順位)
・松右衛門帆鞄
・竜山石を使用した花器・食器
・焼きあなご
47.00%(28位)

法令等に基づく主な地域指定の状況(R4.4.1 現在)
○:該当、-:非該当
過疎地域
(全部)
過疎地域
(一部)
辺地 離島地域 豪雪地域 特定農産村
地域
振興山村

↑このページの先頭へ

-

市町長・副市町長・議員等

市長
高砂市長
都倉 達殊
(とくら たつよし)
(S34.5.21 生)
R2.4.13 就任
R6.4.12 満了 (1) 期目
役職 氏名 就任年月日等
副市長 西村 裕 (にしむら ゆたか)
(S32.4.21 生)
R3.4.1
[ 1期目 ]
   
議長 川端 宏明 (かわばた ひろあき)
(S32.10.31 生)
R3.9.7
副議長 鷹尾 治久 (たかお はるひさ)
(S39.10.21 生)
R3.9.7
議員 任期(令和4年9月9日まで) (R3.9.1)
選挙人名簿登録者数
条例定数 19 36,026
現員(うち女性) 19人(3人) 38,722
政党別・会派別議員数
  • 自民党 5人(2人)
  • 公明党 3人(0人)
  • 日本共産党 2人(1人)
  • 日本維新の会 1人(0人)
  • 緑の党グリーンズジャパン 1人(0人)
  • 無所属 7人(0人)
74,748

↑このページの先頭へ

-

庁舎付近案内図

庁舎付近案内図

(庁舎まで)
・山陽電鉄伊保駅から徒歩8分。
・JR山陽本線宝殿駅から車で10分。

↑このページの先頭へ

-

沿革

S29. 7. 1 合体 高砂町 荒井村 曽根町 伊保村
      (市制施行)
S31. 9.30 編入 阿弥陀村 米田町の一部
S32. 3.10  〃  北浜村

↑このページの先頭へ

-

職員数

区分 R3.4.1
現在
人口
千人当たり
全職員 982 10.9
うち普通会計部門職員 644 7.2
うち一般行政部門職員 498 5.5

↑このページの先頭へ

-

決算

区分 平成30年度決算
(2018年度)
令和元年度決算
(2019年度)
令和2年度決算
(2020年度)
歳入 (△0.4%)
35,488,458千円
(14.4%)
40,615,411千円
(42.4%)
57,828,678千円
  一般財源等 (△0.2%)
23,514,005千円
(5.6%)
24,836,886千円
(0.0%)
24,844,127千円
  うち地方税 (△2.0%)
16,367,183千円
(3.3%)
16,902,547千円
(△3.3%)
16,341,538千円
うち地方交付税
※臨時財政対策債含む
(1.7%)
3,669,206千円
(1.3%)
3,717,475千円
(△5.7%)
3,507,093千円
歳出 (0.3%)
34,930,464千円
(14.3%)
39,917,084千円
(41.4%)
56,432,739千円
  義務的経費 (△3.2%)
16,613,338千円
(1.3%)
16,827,100千円
(4.9%)
17,653,664千円
  うち人件費 (△3.9%)
5,872,059千円
(△2.6%)
5,719,352千円
(7.0%)
6,122,426千円
うち公債費
(うち繰上償還額)
(△3.9%)
2,902,207千円
(0千円)
(△3.3%)
2,805,196千円
(0千円)
(4.7%)
2,937,834千円
(0千円)
うち扶助費 (△2.4%)
7,839,072千円
(5.9%)
8,302,552千円
(3.5%)
8,593,404千円
投資的経費 (10.8%)
4,927,760千円
(78.7%)
8,804,345千円
(83.7%)
16,170,190千円
実質収支 530,054千円 666,942千円 1,113,973千円
地方債現在高
(臨時財政対策債)
(3.6%)
35,093,962千円
(15,992,653千円)
(11.1%)
39,005,191千円
(16,400,602千円)
(5.9%)
41,314,085千円
(16,714,242千円)
基金現在高
(財政調整基金)
5,695,846千円
(2,695,206千円)
6,867,927千円
(3,215,642千円)
7,426,041千円
(3,549,706千円)




標準財政規模(臨財債発行可能額含む) 20,425,872千円 20,437,829千円 21,245,173千円
経常収支比率 90.7% 88.7% 90.6%
実質赤字比率
連結実質赤字比率
実質公債費比率 (28〜30) 7.9% (29〜31) 5.9% (30〜R2) 4.8%
将来負担比率 71.2% 66.4% 70.8%
地方税徴収率 95.9% 96.2% 96.1%
財 政 力 指 数 (28〜30)0.893 (29〜31)0.882 (30〜R2)0.879
ラスパイレス指数 99.3 99.6 99.8

↑このページの先頭へ

-

公共施設等の状況調査

(R3.3末現在) ※R3.5.1現在 ☆R3.4.1現在  上段は市立の数
幼稚園
1箇所
――――
1箇所
図書館 1箇所
小学校
10
――――
10校
都市公園等
都市計画区域内人口一人当たり
(R2.3末現在)
80箇所
7.2m2
中学校
6
――――
7校
地域包括支援センター
1箇所
高等学校
0
――――
4校
特別養護老人ホーム
定員数
6箇所
273
特別支援学校
0
――――
0校
養護老人ホーム
定員数
1箇所
50
保育所
1箇所
――――
5箇所
ケアハウス
定員数
3箇所
90

介護老人保健施設
定員数

3箇所
300
認定こども園
7箇所
――――
17箇所
通所介護事業所 17箇所
病院 1箇所
――――
2箇所
道路改良率
(R2.3.31)
72.7%
診療所 0箇所
――――
107箇所
道路舗装率
(R2.3.31)
97.1%
公民館 8箇所 上水道等普及率
(R2.3末)
100.00%
体育館 2箇所
生活排水処理率
(R3.3.31)
98.8%

↑このページの先頭へ

-

主な郷土出身者

  • (故)工楽 松右衛門(海運業者・発明家)
  • (故)山片 蟠桃(経済学者)
  • (故)美濃部 達吉(憲法学者)

↑このページの先頭へ

市町花・木・鳥・マスコット

  • 市町花:きく
  • 市町木:松
  • 市町のマスコット
    • ぼっくりん

↑このページの先頭へ

Copyright © Hyogo Municipal Development Corporation. All rights reserved.