参考資料

兵庫県全体に関する様々な資料

印刷する

兵庫県(ひょうごけん)

団体コード 282000
所在地 〒650−8567(個)
神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
(こうべしちゅうおうくしもやまてどおり)
TEL (078)341−7711(大代表)
FAX (078)362−3907(市町振興課)
ホームページアドレス http://web.pref.hyogo.lg.jp/

県の概要

【地勢・人口】
・本県は北緯34度から35度にまたがり、東経135度(子午線)が南の淡路市から明石、西脇市などを経て北の豊岡市を貫いている。
・本州では両端の県を除いて、太平洋と日本海の2つの海に面する唯一の県であり、そのため県土の地勢、気象、風土とも多彩なものになっており、「日本の縮図」と言われている。
・人口は、H27.10.1現在で5,534,800人(国勢調査)となっておりH22.10.1(国勢調査)と比べて53,333人(1.0%)減少している。
【産業・経済】
・本県の産業構造は工業県としての性格が強く日本有数の阪神工業地帯、播磨工業地帯に鉄鋼、電気、機械、食品などの基幹的な産業がある。また、近年は第2次産業から第3次産業へのシフトが進んでおり、サービス経済化の傾向も示している。
・広域的な県土を利用して県中北部域では、豊かな農林水産物の生産や新しい名産、特産品づくりが盛んになっている。
【観光・文化】
・日本海から瀬戸内海を経て太平洋にまたがる本県は、美しい自然の中に長い歴史を刻み、バラエティ豊かな観光資源や香り高い文化を育んできた。
・とりわけ5つの顔をもった県の生い立ちと、奈良や京都に近く昔から歴史の流れに大きな関わりを持ってきたことから、特有の個性を有し、数多くの史跡、民族芸能など優れた文化遺産に恵まれている。
-
区分 22国調 27国調 28.1.1現在
住基台帳
面積
(27.10.1)
8,400.98km2
(増減率)
人口
(0.7%)
5,590,601人
(△1.0%)
5,534,800人
(△0.3%)

5,621,087人

人口密度
(22国調)
658.8人/km2
(増減率)
世帯数
(5.2%)
2,146,488世帯
(2.7%)
2,315,200世帯
(0.7%)
2,490,682世帯
年少人口割合
(27国調)
12.9%
老年人口割合
(27国調)
27.1%
(22国調)
産業別
就業人口
第1次産業 49,014人(2.0%) 住基台帳のうち
外国人住民
(28.1.1)
97,044人
第2次産業 615,889人(24.7%)
第3次産業 1,680,141人(67.5%) 昼夜間人口比率
(22国調)
95.1%
総数 2,489,617人 ※その他分類含む

↑このページの先頭へ

三役・議員等

兵庫県知事 写真
兵庫県知事
井戸 敏三
(いど としぞう)
(S20.8.10 生)
H29.8.1 就任
H33.7.31 満了 (5) 期目
役職 氏名 就任年月日
副知事 金澤 和夫(かなざわ かずお)
(S31.7.4生)
H22.4.1
荒木 一聡(あらき かずあき)
(S30.11.2生)
H28.4.1
議長 黒川 治(くろかわ おさむ)
(S34.7.25生)
H29.6.9
副議長 高橋 しんご(たかはし しんご)
(S43.2.25生)
H29.6.9
議員 (任期 H31.6.10 まで) 選挙人名簿登録者数
(28.9.2)
条例定数 87人 2,197,446人
現員(うち女性)(29.8.7)

87人(11人)

2,440,738人
政党別等議員数(29.8.7)
    • 自由民主党(45人)
    • 公明党・県民会議(13人)
    • ひょうご県民連合(11人)
    • 維新の会(8人)
    • 日本共産党(5人)
    • 無所属(5人)
4,638,184人

↑このページの先頭へ

県の沿革

M9.8.21
合体
兵庫県(摂津国の川辺・武庫・莵原・八部・有馬郡)、飾磨県(播磨国)、豊岡県の一部(但馬国及び丹波国の多紀・氷上郡)、名東県の一部(淡路国)

↑このページの先頭へ

長期ビジョンの概要

21世紀兵庫長期ビジョン

○展望年次(将来を考えるために見通しておく時期):2040年(H52年)頃
 想定年次(ビジョン実現に向けた取組の時期):2020年(H32年)頃

○ビジョンの構成
 (地域ごとの将来像を描く地域ビジョンと全県的な視点に立つ全県ビジョンから構成)

○ビジョンを確実に推進するための取組
 ・「全県ビジョン」を推進するため、平成29年度までの具体的な取組方針を示した「全県ビジョン推進方策(前期)」で掲げる5つの行動目標に基づき取組を進める。

↑このページの先頭へ

職員数

区分 28.4.1現在 人口千人当たり
全職員 61,087人 10.9人
  うち普通会計部門職員 54,745人 9.7人
  うち一般行政部門職員 6,063人 1.1人

↑このページの先頭へ

決算

区分 平成25年度決算 平成26年度決算 平成27年度決算
歳入 2,077,143,253千円
(1.8%)
2,010,624,246千円
(△3.2%)
1,969,911,704千円
(△2.0%)
  一般財源等 1,203,862,098千円
(6.3%)
1,193,797,542千円
(△0.8%)
1,161,219,365千円
(△2.7%)
  うち地方税
※市町への税交付税を除く
511,765,684千円
(1.8%)
543,306,295千円
(△6.2%)
586,469,760千円
(7.9%)
うち地方交付税
※臨時財政対策債含む
476,821,887千円
(△1.3%)
465,290,108千円
(△2.4%)
427,606,449千円
(△8.1%)
歳出 2,067,405,244千円
(1.9%)
1,997,044,086千円
(△3.4%)
1,959,167,504千円
(△1.9%)
  義務的経費 907,803,700千円
(1.4%)
911,896,038千円
(0.5%)
884,536,074千円
(△3.0%)
  うち人件費 535,040,836千円
(△4.0%)
540,118,388千円
(△0.9%)
531,471,766千円
(△1.6%)
うち公債費
(うち繰上償還額)
346,094,469千円
(11.4%)
(7,806,370千円)
344,424,402千円
(△0.5%)
(12,789,181千円)
324,654,444千円
(△5.7%)
(239,952,092千円)
うち扶助費 26,668,395千円
(△2.9%)
27,353,248千円
(2.6%)
28,409,864千円
(3.9%)
投資的経費 241,635,480千円
(2.3%)
231,365,898千円
(△4.3%)
231,258,206千円
(0.0%)
実質収支 725,250千円 2,081,354千円 877,205千円
地方債現在高
(うち臨時財政対策債)
4,340,677,100千円
(1.5%)
(1,117,838,729千円)
4,394,650,762千円
(1.2%)
(1,248,943,606千円)
4,414,460,470千円
(0.5%)
(1,335,664,591)
基金現在高
(うち財政調整基金)
83,435,768千円
(876,681千円)
54,871,442千円
(1,237,383千円)
46,395,442千円
(1,635,767千円)




標準財政規模
※臨財債発行可能額含む
1,051,483,950千円 1,061,225,339千円 1,094,619,761千円
経常収支比率 97.3% 96.0% 96.1%
実質赤字比率
連結実質赤字比率



実質公債費比率 (23〜25)16.2% (24〜26)15.8% (25〜27)16.8%
将来負担比率 341.1% 333.0% 320.6%
地方税徴収率 97.0% 97.5% 98.0%
財政力指数 (23〜25)0.595 (24〜26)0.604 (25〜27)0.621
ラスパイレス指数
(参考値)
97.8
(-)
97.8
(−)
98.5
(-)

↑このページの先頭へ

-

公共施設等の状況(28.3末現在)

※28.5.1現在 ☆28.4.1現在

幼稚園
578 箇所
図書館
(1)
―――
98
箇所
小学校
771
都市公園等数
都市計画区域内
人口1人当たり
(27.3.31)
5,819箇所
12.5m2
中学校
(1)
―――
386
地域包括支援センタ− ☆202箇所
高等学校
(155)
―――
207
特別養護老人ホ−ム
定員数
403箇所
24、827人
特別支援学校
(20)
―――
47
養護老人ホ−ム
定員数
42箇所
2,784人
保育所
716 箇所
ケアハウス
定員数
107箇所
4,508人
認定こども園 ※322箇所 介護老人保健施設
定員数
170箇所
14,868人
病院
(25)
―――
353
箇所
通所介護事業所 1,908箇所
診療所
7,961 箇所
道路改良率
(27.4.1現在)
☆60.4%
道路舗装率
(27.4.1現在)
☆86.4%
公民館 316箇所 上水道等普及率
(27.3.31現在)
99.8%
体育館
(4)
―――
216
箇所
生活排水処理率 98.7%

2段の( )は県立の数

↑このページの先頭へ

Copyright © Hyogo Municipal Development Corporation. All rights reserved.